初心者のためのテントの選び方

初心者のためのテントの選び方

こんにちは!つぶPです!


この記事は


『テントの選び方』をキャンプ初心者向けにわかりやすく紹介していきます


テントは、シュチュエーションによって必要なものが変わってきます


どんなキャンプをするか?で どんなテントがいいか?が変わってくるので、『テントには、こんな特徴があるよ!❤️』って紹介していきます!


早速はじめまーーーすっ!



⛺️初心者のためのテントの選び方⛺️

一口にテントといってもいろんな種類があります

・ドーム型テント
・2ルームテント
・ティピー(ワンポール)テント
・ソロ(一人用)テント
・ワンタッチ(ポップアップ)テント
・ロッジタイプテント
・特殊タイプテント
などなど

これだけ種類があると


お店に行った時に、迷っちゃいますよね(つぶPは迷ってる時が一番幸せですが❤️)


どんなテントにも共通していますが、表記されている使用人数より1~2人少なめで計算するといいですよ!


荷物入れたりとかできるし、寝るときもゆっくりできます!




ではどんな人にどんなテントがオススメか紹介していきます!

⛺️ドーム型テント⛺️

ドーム型テントはみんなが知ってるthe テントって感じのテントです。


初心者の方がテントと言われて頭に浮かぶのが、このテントではないでしょうか?


設営はアウターテントやインナーテント(テントの布の部分)にポールを何本か差し込んで、テントを作っていきます


そのあとペグ(釘みたいなやつ)でテントと地面を固定します


設営は慣れていないと少し不便に感じるかもしれません。


構造が複雑になればなるほど、ポールを通す場所などが多くなります。


どのテントでも共通していますが、夕暮れ後の暗いところでは設営しにくいです!


しまう時にとてもコンパクトになるのがいいですね❤️


しかも無理なく使えば丈夫です!


設営にゆっくり時間をかけられる人、持ち運びを重視する人にオススメですね👍

⛺️2ルームテント⛺️

2ルームテントは、ドーム型テントにタープ(BBQとかするための簡易的なテント)のような機能がついたテントです!


つまり家でいうと、寝室にリビングがついた感じですね!


タープを持っていかなくてよくなるので、タープ分の荷物を減らすことができます


テント自体が大きくなるので、設営場所が狭い所などでは、テントを張るのに苦戦する場合があるかもしれません


テントの張り方は、ドームテントと同様で、アウターテントやインナーテントにポールを差し込んで、テントをペグで固定して設営します


ポールの本数が増えて、インナーテントやアウターテントも複雑になるので、慣れるまで設営に少し時間がかかるかもしれません

でもとてもデラックス感があって、使い心地も最高です

キャンプライフをより彩のあるものに変えてくれること間違いなしです!

⛺️ティピー(ワンポール)テント⛺️

ティピー(ワンポール)テントは、テントの中央にポールを立てる円錐型のテントです


設営もとても簡単でポール一本を中央に立てて、そこにアウターテントやインナーテントを被せて、ペグを打ち込むだけです


少人数の使用をオススメします
形が円錐状のなので、テントの中が狭く感じます


僕の経験では1〜2人くらいがちょうどいいと思います


3〜4人だとかなり大きなティピーテントを買われた方がいいと思います


見た目は遊び心があり、おしゃれなデザインが多いです!
インスタ映えを狙うならこのテントですね!笑

⛺️ソロ(一人用)テント⛺

️ソロテントは文字通り一人用テントです


いろんな種類のテントのソロバージョンが存在します
・ドーム型テント
・2ルームテント
・ティピー(ワンポール)テント
・ワンタッチ(ポップアップ)テント


それぞれの特徴は、記事上に書いてありますので、最後まで呼んでくださいね❤️

⛺️ワンタッチ(ポップアップ)テント⛺️

ワンタッチテントは、その名通り『手軽にパッと』設営できるのが特徴です


多くのワンタッチテントは、4つのポールに傘のような部品を取り付けて、傘を開くにみたいに開くだけの構造です


最後に地面とテントをペグで固定します


開いた感じはドーム型テントみたいな形になりますので、中も広々としています


設営時間をかけたくない人、複雑な設営に自信がない人にオススメです

ポップアップテントは、ワンタッチテントよりさらに!『手軽にパッと』設営できます!

設営方法は、袋から出して地面に置くだけでできちゃいます!笑


あとはペグで地面とテントを固定するだけ


設営は全然手間要らずの代わりに、収納するときに慣れが必要です


その理由は、収納するときにテントを円盤状なるように『ひねって、丸めて』という操作をしなければならないので、初めての場合かなり手こずります


この操作に慣れてこれば、かなり設営時間が短縮できます


最近ではシングルウォールテント(日よけ用の簡単なテント:寝泊まり不可)ではなく、ダブルウォールテント(結露防止のためインナーテントとアウターテントに分かれている寝泊まり可能なテント)のポップアップテントが、登場してきてます


さらに、前室(リビング)付きのタイプも出てきています


とにかく設営時間に時間をかけたくない人にオススメですね!

⛺️ロッジタイプテント⛺️

ロッジタイプテントは1990年代に主流となっていたテントです


見た目はまさに『家』そのもの!


壁っぽい壁があって、屋根っぽい屋根があって!すごく広くて!
もう『家』です。はい。


グランピングのブームもあって、最近人気が再浮上してきたテントです


僕の印象では、大きく壁面積も大きいので、風に弱いイメージがあります


でもこの広さ、この豪快さはたまらないですね!


大人数、みんなでワイワイ、パーティーみたいにキャンプしたい人はオススメですね!

⛺️特殊タイプテント⛺️

特殊タイプテントは、これまで紹介したテントの種類のどれにも属さないテントです!


言わば『超個性派テント』ですね


特殊タイプのテントこの記事では詳しく説明しないことにしますね!笑(←ちゃんと記事書けよ!笑)


⛺️初心者のためのテントの選び方:まとめ⛺️

これまでいろんな種類のテントを紹介してきました


どんなテントにしようか迷っちゃいますよね?


そんな時は『どんな人(達)と、どんなキャンプがしたいか?』


を自分で理解してから、それにあったテントを選んでいくといいと思います!


素敵なキャンプライフになりますように⛺️🌟🌌

よかったら Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です